人気のナイトワークで体験

時給が高かったので体験しました

大学は実家から離れたところにあったので、独り暮らしをしていました。学費は親に支払ってもらっていたので、生活費は自分で稼ごうとコンビニでアルバイトをしていました。しかしアルバイトで稼げる金額では生活費が足りなかったので、六本木のナイトワークでキャバ嬢として働きたいと考えるようになりました。綺麗なドレスを着て会話をするだけで時給が高いことは理想的だと思い、ちょうど六本木キャバクラ求人のサイトからお店を見つけたので応募することにしました。体験ということで比較的簡単な面接で採用されましたが、キャバ嬢の仕事は簡単なものではなくかなり大変だと実感しました。お客様に合わせた対応をしなければなりませんし、面白くない話でも笑顔を絶やしてはいけないことがわかりました。キャバ嬢はただ綺麗に着飾っていればいいだけだと思い込んでいた自分が恥ずかしいと感じるくらい、プロ意識が必要な難しい仕事だとわかりました。大学生の間、1年ほどナイトワークで勤めましたが、その経験は社会人になった今も役立っています。

壁にもたれる女性

卒業してから

短大を卒業してから地元のナイトワークで働いていましたが、お客さんの年齢層が高めだったので、もっと若いお客さんと話をしたいと考えていました。そんなとき、六本木のナイトワークで体験求人を募集していることを知り、興味を持ちました。私を含めてキャバ嬢の中では六本木にあるお店は憧れのような場所なので、一体どんな接客をしているのか、客層はどんな感じなのか知りたいと感じました。そこで一日体験の申し込みをしたところ、面接を受けた後、即採用ということだったので、その日のうちに一日体験をすることにしました。お店に入ってすぐに感じたのは、雰囲気がゴージャスなのに落ち着きがあるということでした。セレブ感があって、この雰囲気はまさに自分が理想としていたナイトワークそのものでした。働いているキャバ嬢も綺麗な人から可愛い人まで、素敵な女性ばかりで、自分がまだまだその域に達していないと反省することが沢山ありました。やはり六本木はナイトワークの頂点だと認識することができ、もっと自分もがんばろうと思いました。